清浦奎吾記念館


 f0066076_06122665.jpg
 今回のフィールドワークで唯一計画になかった訪問地がここでした。清浦奎吾記念館です。大正時代に「超然内閣」を組織し、護憲三派内閣の引き金となった山県有朋直系の人物です。民主主義の歴史でいくと「悪役」になりがちな人です。しかし、当然ながら地元では「偉人」です。何しろ熊本初の内閣総理大臣です。地元の小学校では長い間、成績優秀者に「清浦賞」を贈っていたということです。実家は本願寺のお寺とのことで、大分の咸宜園で学んだようです。広瀬淡窓主催の俊秀を集めた塾です。教育方針もなかなかユニークなものだったようです。
 ここを訪問したせいで全体の計画がずれこみましたが、近代関連の訪問地がなかっただけに個人的には結構面白い場所となりました。


[PR]
by yksayyys | 2017-08-10 06:21 | 社会 | Comments(0)