「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

図書館の研修

 ここ3日間は図書館にての研修で、今日はH市の中央図書館に行きました。開館と同時に着いたつもりでしたが、館内は「ひと目で教員とわかる人たち」でいっぱいでした。ここ数年、自宅研修が認められなくなったため「とりあえず図書館」となったのでしょうが、中高の受験生に混じってひときわ異様に感じました。とにかく新聞ばかり読んでいるおじさん、本を持ち込んだものの1時間ほどで寝てしまうおばさん、教科書を開いたままずっと腕組みしっぱなしの若者。もっと、のびのびとできる研修があるだろうに、とついつい思ってしまう。そういう私は、図書館は大好き。丸1日、そこで本を読み、授業のヒントになりそうなものをメモして家路に着いた。教師になった頃の校長たちは「自分の見聞を広げるため、この時期でしかできない研修をして下さい。」と言っていた。今は「あなたたちは学校で勤務するのが原則です。とにかく学校に来なさい。」です。妻は、現在も「研修のありかた」で校長と闘争中です。その校長は逃走中です。
[PR]
by yksayyys | 2006-07-26 22:03 | 社会 | Comments(0)