歴教協全国大会の思い出

 今日、妻からメールで「今までで一番いい大会だった」と連絡がありました。歴教協全国大会のことです。全体会、分科会それぞれ得るものが多かったようです。今日は、栃木に移動して明日「足尾銅山関連」の現地見学に参加するとのことです。帰って来るのは8月3日。いいなあ、ひとり旅。
 歴教協全国大会といえば、いろいろな思い出があります。参加した場所を思い出す順にあげると、東京、岐阜、鹿児島、千葉、横浜、奈良、広島・・・・初めて行ったのは東京でした。Sさんと一緒でした。全体会の講演は手塚治虫でしたが、話の中身よりも「どうしてこんなに痩せてしまったんだろう」と手塚さんの健康を心配したのを覚えていますが、まもなく亡くなりました。やはりガンに冒されていたようでした。シンポジウムでは遠山茂樹、太田堯という歴史学、教育学の巨頭の姿がとてもまぶしく見えました。岐阜は、松井やよりさんの講演が印象に残りました。第三世界における女性、子どもの人権侵害の実態が具体的につかめた衝撃的な話でした。この頃は分科会の記憶がほとんどありません。ないはずです。いつもSさんと途中で抜け出して、地域めぐりをしていたからです。それはそれでいい勉強でした。鹿児島は、最初のレポートをしましたが、いろんな意味で不本意なレポートでした。その時、「報告は自分でやったもので」と強く決心しました。千葉、横浜、奈良はUmさんたちと一緒でした。昼間よりも夜の宴会が楽しかったような記憶があります。奈良のあと、「宝塚を見にいこう」というUmさんの誘いを振り切ってみんなで大阪ドームに野球を見に行きました。Umさんの悲しそうな顔が印象に残っています。私たち夫婦は翌日なんば花月で楽しんだ後、ヨーロッパ旅行に出かけました。いい夏でした。とにかく、夏はこの全国大会をメインに研修計画をたてていました。そのため、いつも出校日はお休みでした。来年は神戸だそうです。妻は「家族で行こう」とメールに書いていましたが、どうなることやら・・・・・・
[PR]
by yksayyys | 2006-07-31 21:42 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧