安らかには眠れない

 昨晩からの胸痛で昼前まで寝ていました。妻は気をきかして子ども達を買い物に連れていっています。先ほど昼食をすませ、テレビのスイッチを入れたところ、「徹子の部屋」をやっていました。余談ですが、私の夢は子ども達が有名になって「徹子の部屋」に出演して「うちのお父さんはちょっと変わってまして・・・」と語ってくれることなんです。それはさておき今日のゲストはイラストレーターの黒田征太郎でした。芸術の話はそこそこに黒田は戦争の話を始めました。ちょうど原爆の話になった時黒田は言いました。「原爆で亡くなった人に対して、安らかにお眠り下さいっていうけど、亡くなった人は犬死になんですから安らかに眠れるはずがないんですよ。」その通りだと思いました。亡くなったものを英霊としてたてまつる供養の仕方に対して、その「悔しさ」「無念さ」を表現する術を黒田は求めているようでした。平和を語る時の順序もこの二通りの方法があるように思います。私は、もちろん後者の方を選ぶつもりです。靖国神社にすべてを封印して崇めようなどというやり方には反対です。芸術家は時に本質を端的に語ります。「徹子の部屋」・・・貴重な時間帯でした。黒柳さん、子どもたちが出演するまで長生きしてくださいね。

 あ、雨が降ってきました。妻達も帰ってきたようです。
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2006-08-15 08:45
胸痛大丈夫でしょうか。ビールの飲み過ぎも影響しているかもデスね。お互い気をつけていきましょう。
by yksayyys | 2006-08-14 14:05 | 社会 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧