ブログトップ

アマノジャクはこう考える

報告の仕方

 今回の報告は14ページのレジュメをパワーポイントで報告するという私の「お決まりのパターン」を予定していました。そして、その通りにやったのですが、発表をしながら「いやあ、これはレジュメに沿ってやったほうが良かった」と思いました。理由は簡単です。ほとんどの参加者がスクリーンではなくレジュメを見ていたからです。理由は「レジュメの方に重要な情報がつまっていたから」だと思います。「簡単にできるものとそのまま示したものがいいものがある」ということに気がつきました。パワーポイントでは「授業」や「体験」などの映像だけで良かったような気がします。発表の仕方を知った。これも今回の収穫のひとつでした。でも、あとの3人中2人はレジュメなしで「報告要旨」を読み上げて終わりでした。もう一人は、パワーポイントのみでした。ですのでその3人には司会のH先生が「先行研究が示されていない」「全体像がつかめない」という指摘がなされました。そういう意味で、そういう部分をUm先生に「きつく」指導されている自分は助かったような気がします。はい!
[PR]
by yksayyys | 2006-11-26 10:18 | 社会 | Comments(0)