「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

資料請求

 今日は、午前中妻が美容室に行っている間、子ども達と遊び、午後から「伯父」が亡くなったために妻の実家がある肝付町に向かいました。通夜に参加するためです。出会いがあれば別れがある。それを実感しました。午後9時半ころ帰宅し、テストの採点をしてから、請求のあった「いじめの授業」の資料整理をしました。学校単位で3つの中学校が、個人単位で3人の人から資料請求がありました。そういえば、「実践いじめ授業」を出版した時は、奈良の学校まで送ったことがありますし、他の共著のみなさんもあちこちに資料を送ったようです。この状況を、うちの校長はとても喜んでいます。「ぜひ応えてあげて下さい。」とニコニコして言います。この方に褒められるのは初めてです。悪い気はしません。
 実践は「広げる」という大きな課題を背負っていますが、わずかでもその気配があるのはうれしいものです。明日にも送付しようと思います。
[PR]
by yksayyys | 2006-11-27 00:27 | 社会 | Comments(0)