ブログトップ

アマノジャクはこう考える

新聞(2)「責任~ドイツとチッソ~」

 日曜日の新聞は好きです。書評があるのと、特集ものがいいです。今日の朝日はじっくりと読みました。特に「ポーランドとドイツの対話」「と「水俣病 チッソの企業責任その後」は印象に残りました。「戦争責任と戦後補償」を語る時に必ず引き合いに出されるのがドイツの対応ですが、決してその歩みは順調ではなく、現在でも「ドイツの被害」をめぐって様々な議論があるということにその問題の重さを感じました。ただ、「歴史認識は正しく保障はきちんとしてきた」という自他ともに認めるドイツの対応について、記者はひとことも「日本との比較」をせず抑制の効いた筆致で述べてありましたが、それだけにかえってグサリと来る内容でした。もうひとつはチッソの記事。何か「責任を果たしてきた」印象のあったチッソにあらためて企業責任を問うたこの記事も興味をそそられました。「雇用などで地域に貢献している。」と言う会社側、会社主催のチャリティショーで「なぜ主催者として謝罪の言葉を述べないのか」と疑問を述べる自治体。どちらもキーワードは「対話」でしょうが、「誠意」という言葉も付け加えた方がいいような・・・・
 
[PR]
by yksayyys | 2006-12-17 17:04 | 社会 | Comments(0)