ブログトップ

アマノジャクはこう考える

面白コラム

 最近、夫婦で話題になる新聞コラムがある。朝日新聞鹿児島版の「記者猿」である。記者達が実名入りで取材のようすを実況中継してくれている。その書きっぷりが実にいい。思ったこと、感じたことをそのままストレートに書いてくれている。時には、感情むき出しのものもある。私は、読みながら「いいぞ、いいぞ」と声援を送っている。以前も、トッピー衝突事故の取材で岩崎産業の対応を批判していたが、今回は「教師の自死」「私立高校の暴力問題」の取材に対する教育関係者が批判の対象であった。教育行政のありかた、私立学校の姿勢に常日頃から不満の多い私にとって「胸のすく」文章であった。次回も楽しみである。私の見たところ、大久保さんという人が面白い人なんだろうと思う。Kさん、支部教研の講演この人がいいんじゃない。演題は「取材現場から見た教育課題」。「中国残留日本人」(高文研)という著書もあるから、戦争責任、戦後補償という観点からの話しもしてもらえると思うけど・・・・まあ、参考までに!ダメなら中社研の講演で!ねえSさん、Bさん!!
[PR]
Commented by ska37o at 2006-12-26 18:52 x
いいですね!学校にいると社会とのつながりが希薄になりがちですから。
「学校の常識は社会の非常識」とよく言われますので,自分たちを見つめる社会の目を知ることは,重要だと思います。
by yksayyys | 2006-12-26 04:21 | 社会 | Comments(1)