山鹿と八千代座

f0066076_7332267.jpg
f0066076_7335416.jpg
 九民研の会場は、熊本の山鹿温泉でした。九州自動車道の植木インターを降りてしばらく北に走ると、山鹿温泉に到着します。鹿児島の温泉街を見慣れている私にとって、山鹿はちょっと違った雰囲気の町でした。温泉街というよりは、江戸時代の宿場町にでも紛れ込んだようなそんな風情のある町並みでした。会場はそんな町の真ん中にある芝居小屋の「八千代座」で、木造づくりの建物でしたが来年は板東玉三郎の公演も予定されている由緒あるものでした。中は、木枠の席で、ちょうど相撲で見る桟敷席がほとんどでした。会場に入った時は、ちょうど講演の最中でした。講師は北海道の実践家の今泉博さん。有名だそうですが、私は知りませんでした。時局の話は退屈でしたが、授業論は楽しかったです。会場のみなさんを相手にやる模擬授業は一気に場が盛り上がりました。「子どもに推理させ、予想させながら授業をする」というのがキーワードのようでした。講演終了後、ホテル戻り保育に預けていた子ども達を迎えに行ったところ、子ども達は「意外にも」他県の子どもたちとうちとけて楽しそうにしていました。特に息子は、人気者扱いでした。昼食は、外に出て「天ぷら屋」さん、これが実においしかったです。大きな具をカラッと揚げた天ぷらが最高でした。シュワシュワが欲しかったのですが、ここは我慢しました。さて、分科会は・・・・(続く)
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2006-12-28 16:27
いじめ自殺被害者の母の話は,テレビニュースで流れていましたよ。
アマノジャク家族が出てくるのではないかとじっと見ていましたが,出てきませんでした。残念!
Commented by yksayyys at 2006-12-28 19:31
その話には間に合いませんでした。ちょうどテレビカメラが引き上げるところでした。残念!
by yksayyys | 2006-12-28 07:47 | 社会 | Comments(2)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧