ブログトップ

アマノジャクはこう考える

やり直し

 広告鳥さんのホームページをのぞいていたら面白い事実を発見しました。戦前は、「教師は40歳から45歳で罷免されるのがあたりまえ」だったのだそうです。そういえば、映画などで出てくる教師に50歳以上の人を見かけませんね。校長、教頭などになる人以外は「辞めてもらう」という慣行だったのでしょうか。広告鳥さんは「やり直す人生って楽しい」と書いていました。最近、よくそう思います。職場で「つまんない」と思うことがたくさんありすぎて・・・・・でも、今はたまにある「嬉しいこと」「楽しいこと」に元気をもらって続けるつもりですが。ただ、「すきあらば」といつも思っています。私の周囲にいる人は結構そういうタイプが多いような気がします。
 しかし、広告鳥さんも言ってましたが戦前、罷免された教師達はその後どうしていたのでしょうか。そこが疑問です。

 あと、全然別件ですが、広告鳥さんの「戦前の鹿児島の教育」いつか本にして下さいね。綴じるという意味ではなく「出版して世に問う」という形で!!社会的意義のある取り組みだと思います。
[PR]
Commented by 広告鳥 at 2007-03-08 23:16 x
本当に40~45歳までに罷免されていたのか,戦前の教育雑誌の記事だけでは確証はできませんが,当時のエライ人が言っているので,そういう傾向はあったのだと思います。
時間があれば,じっくり調べたいのですが…(--;)。

>いつか本にして下さいね。
>社会的意義のある取り組みだと思います。

とても励みになります!本を出せるぐらいにはがんばりたいと思っています。
いつになるか分かりませんが…(>_<)。
by yksayyys | 2007-03-08 22:19 | 社会 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31