「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

「征韓論」は当たり前

 昨日の南日本新聞に「ええじゃないか」などの著書で知られる田村貞雄さんが「征韓論は史実である」と述べた投稿が載っていました。先日も別の学者が似たような投稿をしていました。これは、鹿児島県知事の伊藤さんが「征韓論を遣韓論に書き換えてほしい」と要望し、1社がその通り書き換えたことに抗議したものです。国際的には「従軍慰安婦」をめぐる発言が話題になっていますが、ここ鹿児島ではスーパースター西郷隆盛の存在ゆえになかなか西郷批判はしにくいものです。そこに、県外の歴史学者がコメントを寄せるというのはとても重要なことのように思えます。別紙面では相変わらずの郷中教育礼賛の記事も載っていました。「復古的エネルギー」は想像以上に強力なものだと言えます。負けるもんか!!!!
[PR]
by yksayyys | 2007-03-15 02:38 | 社会 | Comments(0)