ブログトップ

アマノジャクはこう考える

迷惑

 祝日の日の朝に迷惑なことが2つあります。ひとつは「娘の早起き」です。かねては起こされないと起きないくせに、休祝日にかぎって6時前から走り回っています。結局、朝の弱い妻は起きてきませんので、私が起きることになってしまいます。「休みの日は有効利用」というのが娘のモットーのようです。「寝る」のも有効利用だと思うのですが・・もう1つの迷惑は、6時50分の防災無線による放送です。祝日には必ず「今日は祝日です。国旗を掲げましょう。」の放送が入るのです。それも2回も!!さすが「国旗掲揚100m道路推進の町」と言った感じですが、その気がさらさらない者にとって実に迷惑な放送です。これまで住んできたどの町にもそういう放送はありませんでした。救いは、うちの近所にはそれに呼応している気配が全くないということです。おそらく掲げる前に日の丸を持っていないと思います。
 今、「日本ナショナリズムを解読する」の福沢諭吉のところをもう1度読んでみたところです。福沢は「国体」は「人民(政治)による国家」と規定しているそうです。「『文明論の概略』は啓蒙の書ではなく狂信的国家主義者との闘いの書である」との著者の言葉が印象に残りました。
[PR]
by yksayyys | 2007-03-21 09:58 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・