「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

Nスペ「城山三郎 特攻 青年指揮官を追う」を視て

 日テレの「ドキュメント07」を視ようとまだ起きています。番組名もわからないのですが、それだけに気になって・・・・・その前に先ほどまでNスペ(再)を視ていました。「指揮官たちの特攻」のテレビ版といった感じのものでした。番組の中の特攻隊員(戦死)に私と同郷の者がいました。「家が貧しく・・・」という紹介でした。今も、私の故郷では「就職先」として自衛隊を選ぶ者が多いのですが、戦前はさらに「軍隊志望」が多かったと聞いたことがあります。上級学校に進む経済的余裕のない男子にとって「軍隊」で出世することが最大の親孝行であったと祖母が話したことがありました。死んだのは8月15日です。敗戦の玉音放送の後です。扱いは「特攻作戦」ではなく「一般戦死者」なのだそうです。写真も出てきましたが、名前が出た瞬間に「同郷だ」とわかりました。一瞬、テレビの前に立ちつくしました。
[PR]
by yksayyys | 2007-04-02 01:50 | 社会 | Comments(0)