「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

お祝いに学級通信

 今日の夜、近くの市役所に勤めているF中時代の教え子が自宅に訪ねてきました。「ぼくらの受け持ちの時の学級通信が欲しい」ということでした。事情を聞いてみると、教え子の1人が結婚したらしく、そのお祝いに学級通信のコピーが欲しいのだという。結婚したのはM君で欲しい通信はM君が3年生の2学期の始業式で発表した「2学期の決意」の文章が載ったものです。例年、「受験に向かって頑張れ」というのが多いので、私が「自分らしいのを書け」と言ったところ彼は夏休みに私と一緒に訪ねた水俣病資料館での体験談をそこで発表しました。「生きた勉強」と言っていました。それを送ろうとするところを見ると同窓生にも好評だったんですね。同僚には「異色すぎる」「いや、あれがいい」と賛否両論でした。私は当然満足でした。「誰にでも書けるものだったら書く必要はない」が私のモットーですから。あいにく通信は学校に置いていますので、明日コピーしようと思いますが、今日来た教え子が最後にポツリと言いました。「僕も寂しいので誰か紹介してください」・・・27歳でまっすぐですが、ちょっとへそ曲がりです。誰かいい人いませんかあ?
[PR]
Commented by yoitiy2 at 2007-04-24 21:14
私も誰か紹介して欲しいものです。バツイチですが・・・
やはり自分の家庭を持ちたい!このままではパラサイトです。
by yksayyys | 2007-04-23 23:32 | 社会 | Comments(1)