同窓生が撮った映画

f0066076_1440374.jpg
 今朝の朝日の朝刊に、同窓生が撮った映画が紹介されていました。タイトルは「Watch with me」です。「末期ガンの男性が、故郷である福岡県久留米市のホスピスに入院し、妻や友人と最期の時を過ごす物語」とありました。この同窓生の名は瀬木直貴といいます。学生時代は直樹だったと思いますが、改名したのでしょう。記事は映画と映画の音楽がマッチしているかどうかについて触れていました。ちなみに音楽は「卒業写真」です。この記事によれば「ミスマッチ」とのことですが、瀬木には「気にするな」と言ってあげたいです。なお、記事中には瀬木について「福岡県新宮町が舞台の『千年火』など、地域に根ざした映画を撮り続けている。」ともありました。10年くらい前はNHKのETVにも出てました。とにかく、いい映画を撮り続けてください。瀬木ってEゼミだったっけ!学生時代はあんまり話さなかったんだよなあ。 
[PR]
by yksayyys | 2007-04-28 14:48 | 社会 | Comments(0)