ブログトップ

アマノジャクはこう考える

発見!!

 NHKスペシャル「日本国憲法誕生」を見た後、すぐに教育テレビの「ホワッツテラヤマ」を見ました。そしてその後「情熱大陸」で33歳の建築家を見た後、2階のパソコンに向かっています。1階では妻が「世界遺産」を見ています。12時すぎたらNHKの「エリツイン」ものを見る予定です。いつもなら「ドキュメント07」まで見ますが、今日は「熱血教師」とかでやめとこうかと思っています。日曜日の夜は結構いい番組が多いんですよね。その中で今日ひとつの発見をしました。「ホワッツテラヤマ」という寺山修司回顧番組の中で寺山が演出した芝居の様子が出てきたのですが一瞬「この光景どっかで見たことがあるなあ」と思っていたところ、しばらくして思い出しました。宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」のゆばーばと妖怪(神様)たちの姿でした。あの「おどろおどろした姿」は寺山ワールドから来ているのだと確信しました。宮崎監督ならありうると思います。寺山といえば、大学院時代にUm先生から「寺山修司の言葉で何が一番いいと思う?」と聞かれたことがあります。私は「書を捨てよ町に出よう」と答えましたが、Um先生は「身を捨つるほどの祖国はありや」と答えました。Um先生はその時腕を組んで瞑想していました。
[PR]
Commented at 2007-04-30 08:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by yksayyys | 2007-04-29 23:53 | 社会 | Comments(1)