ブログトップ

アマノジャクはこう考える

後半GWも子どもの病気から

 今日の午後、担任が家庭訪問をしている間に就学援助費の事務手続きを進めていました。申し込み数は昨年を上回っています。書類の不備を修正していく作業をしていたところ、携帯電話に娘の小学校から連絡が入りました。「熱があり、ぐったりしている」とのこと。こりゃ、やばいとすぐに小学校に向かいました。こういう時に「看護休暇」の制度が出来たという事実がとても重要なことのように思えてきます。50分かけて到着したところ、娘が保健室にぐったりして寝ていました。養護教諭も不在で、担任もいないという状況のなか、ベッドに我が子を見つけた時何とも「切ない」思いがしてきました。昨日「バベル」を見たせいだと思います。その後、すぐに病院に連れていったところ「風邪と低血糖症」とのことでした。「低血糖症」久しぶりに聞いた言葉です。娘の持病で放っておくと大変なことになる病気です。2年ほどなくて安心していましたが、今になって出てきました。予想通り、点滴となり先ほど帰宅しましたが、まだ元気がなく和室に寝ています。食事を摂って薬を飲んで欲しいのですが、まだそこまで至っていません。どうやら、GWの計画は大幅変更となりそうです。本当、忘れたころにこういうアクシデントは起こりますね。とにかく少しでも早い快復を願っています。
[PR]
by yksayyys | 2007-05-02 19:21 | 育児・家庭 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31