場違いかな!?でもいいや!!

 昨日、午後2時から隼人文化研究会に参加してきました。前回もそう思っていましたが、やはり高齢者が多かったように思います。そして、今回また新しいことに気が付きました。それは、参加者が「鹿児島の有名な歴史学者揃い」だということでした。隣に座っている人も「どっかで見たことあるなあ」と思っていたら、隼人研究の第1人者の中村明蔵さんでした。いろいろな人から論文をもらっていました。そして、前に座っていたのが中世史の五味克夫さんでした。永山さんはそういう人達の「連絡役」みたいな存在なんですね。報告内容は結構面白かったです。出村さんは元高校教諭で黎明館に長くいた人で、私この人の姪をK中で教えていました。仮面の話で、鹿児島独特の仮面について概説のようなことを話してくれました。弥五郎どんって隼人の復讐伝説からきているんですね。あともうひとりは坂上さんという九大の学者で未発表の第1次稿ということでみなさん喜んでいました。「日本の南の国境はどこらで引かれていたか」という話で興味深いものでした。最後まで聴けませんでしたが、次も内容次第では参加しようかなと思っています。勉強の土曜日でした。
[PR]
by yksayyys | 2007-05-13 10:47 | 社会 | Comments(0)