支部教研

 一度打ち込んだ文章がパソコンの操作ミスでパーになったため、24時間「ふてくされて」いましたが、気を取り直してもう一度作り直すことにしました。だいたい2度目の方が文章はマシなことが多いんですよね。
 さて、昨日は支部教研でした。朝、子ども達の保育園送迎に手間取り会場に着いたのは開会30分後でしたが、それでもまだ「来賓あいさつ」でした。きっと開会が遅れたんでしょう。遅れた身で偉そうなことは言えませんが・・・・
 開会行事の目玉はTさんのワークショップでした。私は「集団遊び」が苦手です。他の人が「楽しい」という割には楽しめません。いつもだいぶ無理をしています。ただ、今回はだいぶ自然体でやれました。そうしながら、「うちの学校誰が来てるかなあ」と見回していましたが、例年通りのメンバーでした。「やっぱり」って感じです。
 分科会は20分遅れで始まりました。参加人数は6人。H支部と合同の割には「昨年以下」!おいおいって感じです。ただ、内容は充実していたと思います。自己紹介の後、Iさんの「全国教研還流報告」でしたが、かなり丁寧なレポートで「メインにしても良かったな」というくらいでした。こういう「いいレポート」をさらっと扱えるのはある意味で贅沢です。そして、いよいよKさんの「模擬授業」!出だしの「言葉は何か?」の問いに始まり、「文化比較の問題点」を経て「韓国・朝鮮をどのように教えるか」をさまざまな視点から問題提起していただきました。きっとBさんが大学院生時代に聴講した講義はこれだったろうと思います。質疑応答は、聴く方のレベルがイマイチでKさんに応えるものではなかったと思いますが、分科会の充実度ではきっとどの分科会にも負けないものだったと思います。とにかく、推進委員の責任は果たしただろうと思います。あとは、自分の実践の充実だけ。そういえば、ここ3日間、Kさんと同じ会に参加していました。はい!
[PR]
by yksayyys | 2007-05-27 19:16 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧