ブログトップ

アマノジャクはこう考える

「死んでお詫び」かあ!!

 松岡農水相が自殺!!昨日からこのニュースばかり。この松岡って言う人。入閣当初から悪評ばかりでしたね。評論家の岩見隆夫さんが「かなりダーティーな噂の人が入閣した」とテレビで言っていたのを思い出しますが、やっぱりこの人だったんですね。でも、「死んでお詫び」というのはこの国の伝統なのでしょうか。何か疑獄事件が起きると必ず誰か死にますよね。ロッキードにリクルート、総会屋供与にホリエモン、いろんな事件で関係者が自殺しました。「死人に口なし」の状況を作ることが「周囲に累を及ぼさない」美徳となるのでしょうか。よく思うのですが「死ななければならない事情なんて存在しない」のじゃないでしょうか。私だったら、自分が悪事を働いていても「洗いざらい」しゃべって多くの人を巻き添えにして「分相応」の罪に服そうと思います。ひとりですべてをかぶって「あの世行き」なんて考えられません。あと不思議なのはこの人を任命しかばい続けた安倍首相です。何か弱みを握られていたのでしょうか。もしかして「死んでくれて良かった」と思っていたりして・・・そうじゃないことを祈ります。一応ね!!
[PR]
by yksayyys | 2007-05-29 19:13 | 社会 | Comments(0)