「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

新日鐵 VS ミタル

 今日の朝刊に新日鐵とミタル製鉄の「提携合意」の記事が出ていました。先日のNHKスペシャルでこの両者の「合併」をキーワードにした虚々実々の駆け引きが紹介されていただけに興味を持って読みました。新日鐵といえば、我が国を代表する「重厚長大」企業。「鉄は国家なり」の言葉もあるように鉄鋼はあらゆる産業に影響を及ぼし、経団連会長を何人も出してきました。つい最近までずっと「世界最大の製鉄会社」と紹介していました。それが数年前に、その何倍もの規模の製鉄会社が誕生したことに驚いたのを覚えています。そのマンモス製鉄会社がミタルなのですが、経営者はインドの大富豪で「買収・合併」を繰り返してきた過去があります。新日鐵もその「買収・合併」を警戒して「提携」にも慎重で、今回も「合意」に複雑な反応を示していたようです。ミタルにすれば、新日鐵の先端技術を使いたくてしようがないし、アジアの拠点にもできるのでのどから手が出るくらい欲しいでしょう。「新日鐵がインドの大富豪に買収される」という事態が起きるのかどうか。注目しています。
[PR]
by yksayyys | 2007-07-14 09:17 | 社会 | Comments(0)