ブログトップ

アマノジャクはこう考える

みなさん、こんなこと書かれてますよ。

 自民党のパンフレットに次のようなことが書かれてあるそうです。「民主党バッシング」というよりは安倍周辺の「日教組バッシング」でしょうね。いや、やっぱり辞めてもらわねば・・・

日本嫌いの日本人をつくり続ける日教組。
「いじめ調査」を妨害する日教組。
非組合員を陰湿にいじめ,
まじめな校長先生を
自殺においやる日教組。
日教組出身の参議院議員が
5人もいる民主党。
それでもあなたは
民主党を信じますか?

[PR]
Commented by ska37o at 2007-07-25 17:18
安倍内閣はもう末期状態ですね!
Commented by WB放送局 at 2007-07-25 20:56 x
 日教組の組織率が相対的に減少し続けていく中で、8割近い教員は日教組に入っていません。その日教組が「日本人嫌いを作り続けることができているという根拠は?」、非組合員や真面目な校長を自殺に追いやるほどの多数派を組織しているか?いわば、そうしたマイノリティを排除しようとしている自民党をそれでも信じますか?・・・・こんな感じでしょうか。
Commented by ska37o at 2007-07-26 20:00
さすがWB放送局さん!
前半部分は,ちょっと専従として責任を感じます。
でも,先日情報のあった方の加入届が,今日届きました。
仲間が増えるってうれしいですね。
Commented by maksy at 2007-07-26 21:09
 前半部分は専従の責任では決してないと思いますよ。社会の状況や現場の状況の中で、組織に加入することそのものの意味を考えること自体放棄してしまっている人、極端に権利を主張する組合員への嫌悪、私もオルグをしながら感じたところです。それは専従の責任でも何でもなく、専従も含めた私「たち」の組織としての課題と言った方が良いのではないでしょうか。
Commented by ska37o at 2007-07-26 22:43
 なるほど,今,組織拡大は,ゼロからではなくマイナスから出発しなければならないと感じています。教育総合職として,専門的にすばらしい実践を続ける仲間もいれば,反面教師もいるようです。それを包含したこの組織への魅力をどう語るか!
 今の自分があるのは,この組織なくしてはありえないと考えています。もちろん,今の立場には不満があります。だからといって手を抜く気持ちはありません。精一杯できることをやっていこうと思っています。この組織のメリット・デメリットをトータルで考えて,この組合費を払う価値があるか?ぼくは十分あると思っています。
Commented by maksy at 2007-07-26 23:53
 私も組織拡大はいわばゼロからでなく、マイナスからのスタートいう言葉に首肯します。そしてこの現場の状態を「天職」で不満はない、という教諭はよほど鈍いか自己中心的な方だと思います。そうした現状の中で素晴らしい実践、それは教科指導や「子どもが好き」というようなレベルでなく、知的な文化創造の実践にあると思っています。だから組合は動かなければならない。闘うことの一方で創らなければならない。それは仮に組織率の減少に歯止めがかからなくても、現場集団として共有できる財産として意味あるモノになるだろうし、組織としての活動に説得力が増すことに、ひいては未組云々を抜きにした民主的教育活動へと広がっていくことになると思います。したがって、先にも述べたようにそれは専従の責任ではなくて私「たち」の取り組みであるのだと考えます。一方で、日教組批判は現場を見て指摘していないことが軽薄な根拠から明白ですから、先に述べた論理で十分対抗できると思います。
by yksayyys | 2007-07-25 16:14 | 社会 | Comments(6)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31