センセイ

 「センセイと言われるほどに馬鹿じゃない」という川柳があります。ここで「センセイ」と言われているのは、学校の先生、医者、そして政治家だそうです。今日の新聞に「医療機関の倒産が増加」とありました。「もうかる職業」の代表格だった医者もなかなか大変なようです。医療報酬の引き下げ(つまり自己負担増による政府補填の減少)と医療機関増加による患者側の選択肢の拡大が最大の理由のようです。そういう一方で、「医師不足」が叫ばれたりもするのですから世の中複雑です。そういえば、歯科医師もなかなか大変そうで、ある記事には「歯科医師の4人に1人は月給25万円以下だ」とありました。「嘘だろう!?」と思いましたが、全国にあるコンビニの数より歯科医院の数の方が圧倒的に多いんだそうです。つまり「過当競争」だということです。そういえば多いような気がしますね。政治家は「論外」としても「センセイ」受難の時代と言えますね。
[PR]
Commented by ska37o at 2007-07-26 20:18
 以前,近所にできた大手メガネ屋のショーウインドウを破壊した犯人が,眼科医だったという話を聞いたことがあります。
 眼科医がなぜそういったことをしたのかというと,経営が成り立たなくなると思ったのだそうです。
 医者=エリートが,常識を知らないという実例として聞いたのですが,この現実の中で医者や医師会は,与党をやはり応援するのでしょうか?鹿児島県の歯科医師会は,医師会と反目しているのは,歯科医の供給過多にあったのかもしれませんね。
 ぼくが,小中学生の頃「歯医者が一番もうかる」といっていたのはもはや夢の又夢となっているのですね。
by yksayyys | 2007-07-26 18:43 | 社会 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧