ブログトップ

アマノジャクはこう考える

ショックな知らせ

 忙しい最中ではありますが、夜中までF中時代の同僚たちと飲んでいました。半分くらいは退職者ですが、なかなか楽しい飲み会です。が、そこでショックな知らせを耳にしました。今日、昼の会で顔を合わせた社会科教師の妻がガンで闘病中なのだそうです。実は、先日歴教協の会に誘う電話を入れたのですが、なかなかつかまらず留守録に入れたところだったのですが、今日本人から小さなメモをもらいました。そこには端正な字で、「今妻が病休から休職にはいり、これから治療のために北海道に旅立つ」という内容が書かれてありました。その時は「あ、病気なのかな」くらいにしか思わなかったのですが、F中時代の同僚によれば病名はガンだということでした。きっと、北海道に名医がいるのでしょう。わらにもすがる思いで旅立つのでしょう。とても誠実で真面目な方だけに、メモを渡す時の「すみません」と言いながらの笑顔が痛々しく思えました。彼もだいぶやつれていたようでした。今はとにかく、治療がうまくいくのを祈るだけです。
[PR]
by yksayyys | 2007-07-28 03:37 | 社会 | Comments(0)