ヒノクマフィールドワーク 妙見宮

f0066076_2213880.jpg
f0066076_22135551.jpg

 先ほどヒノクマフィールドワークから帰ってきました。今年も「暑かった」「きつかった」「飲んだ・歌った」の三拍子揃ったフィールドワークでした。正直言ってすぐにでも寝たいのですが、明日からまた数日家を空けることになりそうなので、初日の分だけでも書いておこうと思います。
 鹿児島を出て八代に向かう途中、思わぬハプニングに出会いましたが、ここでは封印したいと思います。笑って話せる時が来るまで・・・・
 八代到着後、球磨川の橋のたもと、山頭火の句碑の前で教育委員会文化課のYさんと案内して下さるIさん、Mさんと合流し、いくらかの説明の後、八代の中心的神社である妙見宮に向かう。ここで参加者一同の目を引いたのは、「ガメ」と呼ばれる想像上の生き物。胴体は亀で、首・顔は蛇ということですが、怖いというよりは「ユーモラス」な姿でした。これ以後あちこちでこの「ガメ」を見ることになりますが、われわれフィールドワーク一団にとってアイドルのような存在となりました。その後、社務所で「妙見祭り」の行列を描いた絵図を見せてもらいました。ヒノクマフィールドワークの特徴は、「ヒノクマ先生の信用から、かねて見せてもらうことの適わない貴重な資料を見せてもらえること。今回もいろいろな資料を見せてもらいましたが、祭りの一行の繊細な描写に参加者一同真剣な表情でした。そして、次に向かったのが・・・・・
[PR]
by yksayyys | 2007-08-11 22:29 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧