ブログトップ

アマノジャクはこう考える

ヒノクマフィールドワーク  補足編「普賢岳と農民運動」

f0066076_7362545.jpg
f0066076_7372598.jpg

 フィールドワークの最中は、ずっと天候がよく遠くは雲仙普賢岳がはっきりと見えました。地元の方によると、「こんなにはっきり見えるのは珍しい」とのこと。あらためて、熊本と長崎の近さを知り、「島原・天草一揆」という言葉の意味を実感しました。あと右側は、干拓の歴史を調べている時にあった鳥居に書かれていた「農民組合」の文字。干拓の歴足にも農民運動の歴史があり、その時の成果を残す意味でこの言葉があるようでした。ぷくぷくさんの「この言葉は撮らなきゃ」の言葉にシャッターを切りました。
 もっともっといろいろなことがあったと思いますが、とりあえずこのへんでヒノクマフィールドワークを終わります。

 次は、妻の実家に帰っている間に実行した「大隅半島 戦争と平和の旅」の報告です。
[PR]
Commented by ぷくぷく at 2007-08-15 15:31 x
 地図上の広さが,狭く感じたですね。不知火海も湖のようでした。日隈フィールドワークの報告,ご苦労様でした。
by yksayyys | 2007-08-15 07:43 | 社会 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31