鹿屋海軍航空基地資料館  連続する「軍」

f0066076_21453745.jpg
f0066076_21471439.jpg

 鹿屋の海軍航空基地資料館に出かけました。この建物いろいろな意味で「異色」ですね。まずもって海上自衛隊の基地にあるからそうなんでしょうが、展示内容は「海軍」から「海上自衛隊」まで違和感なく「一直線」でした。戦前と戦後が見事に「連続」していました。外には、海軍と海上自衛隊それぞれの様々な飛行機が所狭しと並べられてあり、マニアにとっては垂涎の風景だろうと思いました。中に入って、この施設の解説がしてありましたが、「ここは教育史料館である」という表現が引っかかりました。「教育するための史料館」!何を使って教育するかというと、戦争の歴史と武器の陳列と特攻隊の死者の写真。何の「教育効果」をめざすものなのでしょう。入場料は無料です。しかし、受付で住所と名前を書くようになっています。普通は希望者だけですが、ここでは強制されます。これも違和感でした。展示コーナーはバンバン撮影しました。が、途中で係員(自衛官)がジロジロ見るので、もしやと思い「撮影はいいんでしょうか」とおそるおそる聞いたところ「撮影できるのはゼロ戦だけです。あとは撮影禁止です。」とのこと。でも、もうバンバン撮ってしまった後でした。別に撮影禁止になるようなモノはないと思うのですが!ということで右側は撮影が許可されているゼロ戦です。子ども達が楽しそうに乗っていました。続く
 
[PR]
by yksayyys | 2007-08-15 21:58 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧