広田講演

 全体会のメインは広田照幸の講演でした。最近、偶然彼の文章を読むことが多かったので、主催者代表挨拶や基調報告で「頭を休めて」、講演に臨みました。前半は、学者らしい話でした。私は面白かったのですが、3割くらいの人は寝てました。「現在の教育政策はどのような勢力のどのような駆け引きのもとで展開されているか」という話だったと思います。そして、「従来の保守主義と新自由主義は対立構造にある。われわれは、敵味方を間違えてはいけない。」と言っていました。私は「当然」と思いましたが、隣のTさん(BさんとI中で一緒だった女性の・・)曰く「今の上の方の方針と一緒だわ」!がっかりしていました。分科会は「学力テスト」について話し合われました。各県の交流が行われましたが、似たような感じでした。鹿児島に「基礎基本定着度調査」があるようにどこの県にも「学力テスト地方版」が実施され、さまざまな学力向上運動が展開されていることに気づきました。まあ、それだけでした。
[PR]
by yksayyys | 2007-08-24 10:18 | 社会 | Comments(0)