ブログトップ

アマノジャクはこう考える

「子は宝」

 私は、再度浜園さんを訪ねようと思っている。意外にも鹿児島県内から訪ねて行く人は少ないようである。県外からは本当にすごいようである。玄関につるしてあった千羽鶴は島根県からで私たちと話をしている最中に「会いたい」とかけてきた電話の主は岐阜県からであった。そういう中で何度も来る妻には相当の親しみを感じているようである。次に来る時は、だれか仲間と来るか、生徒を連れてくるかしたいと思う。そして、テープをまわしてきちんと記録しようと思っている。もちろん、授業にも活かしたい。でも、今回も「挨拶のつもり、顔つなぎ」と言いながらちゃっかり1時間も話し込んでしまった。浜園さんは最後、送ってきたばかりの戦争関係のVHSテープを3本、封もあけずに「これも使ってください」と渡し「子どもさんはいるんですか?」と聞いてきた。2人いると聞くと「子は宝ですから」とニコッと笑い、奥さんにお菓子を持って来させた。
 夏の最後の貴重な研修であった。浜園さん、純真な人であった。あ、そうそう大事な事を伝えておかないと。浜園さんは「愛国心なんて言うようになって、困ったもんだと思っています。ああいうことを言い出すとろくなことはない。教育と環境は人を変えるから。」と言っていました。この人、戦後は航空自衛隊で過ごしたんです。それでそういう事を言うんですから・・・・「どうして自衛隊だったか?」、多分、この人「戦争」ではなくあくまで「飛行機」が好きなんです。少年時代からずっと!私の推測ですけど・・・・
[PR]
Commented by maksy at 2007-08-30 16:31
 この浜園さんに関するブログは永久保存版にしておきたいほど、何度も読み返しました。「特攻」の授業・・・・明治図書から「特攻を授業する」が出ていて、めちゃめちゃに批判したレビューを数年前に書いた記憶がありますが、対話形式で子どもたちに浜園さんの話を聞くだけでも十分な授業だと思いますね。いやぁ、久しぶりに見入った何度も読み返したブログでした。
Commented by かつをくん at 2007-08-30 17:46 x
浜園さんが書かれた本を枕崎に来てから2冊読みました。いつかお会いできないかなぁ~と思っていましたが・・・。
次行かれるときは教えていただければうれしいです。もしくは連絡先などを教えていただけるとありがたいです。
こういう方が生きているうちにたくさんの話を聞いて,命の大切さや自分たちが「生かされている」ことを子どもたちに伝えていけたらと思います。よろしくお願いいたします。
Commented by yksayyys at 2007-08-31 03:14
連絡先はわかります。いつか一緒に行きましょうか。何度か「聞き取り」に行くつもりですから・・・
by yksayyys | 2007-08-30 06:43 | 社会 | Comments(3)