「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

シンポジウム

f0066076_23173755.jpg 
 1日目の午後はシンポジウムでした。「社会科にできること、できないこと」!タイトルは面白そうでしたが、内容はイマイチでした。ただ、学者らしく「あなたのこういうところはおかしい」とずばり直言するところは面白かったですね。特に後半は言いたい放題だったような気がします。そういう意味ではタイトルにある「社会科でこういうことをしてはいけない」という部分でやりあうともっと焦点化されたと思うのですが、それぞれ自分の考えるところの「社会科はこうあるべき」が主でしかも抽象的だったので、私にはよくわかりませんでした。現場の教師からみると「乖離してるな」と思いました。
[PR]
Commented by maksy at 2007-10-09 11:49
 ここで尋ねることではないのかもしれませんが、私も学会案内をもらってすぐに「?」と思ったのが、このシンポジウムのタイトルでした。「社会科でできること・できないこと」を2007年の秋にやる意味は何だったのでしょう?私には「これを議論したところで意味があるのか?」という疑問があったので。「社会科でできていること・やらなければならないこと」なら分かるんですけど。
by yksayyys | 2007-10-08 23:18 | 社会 | Comments(1)