娘、表彰される!!

 親ばかだと思って、我慢して聞いてください。娘が昨日一枚の賞状を持って帰宅しました。市の読書感想文コンクールで特選をもらったということです。全校朝会で表彰されたとも言っていました。ネガティブ娘で、何かと「お騒がせ」な子だけに昨日は夫婦で思い切りヨイショして祝ってあげました。この作文、たしか私が担当でした。夏休みの課題を妻と分担したのですが、生活分は妻、読書感想文は私が見ました。もちろん、文章は本人が考えて私がアドバイスを、という程度です。読んだ本は「おじいちゃんのごくらくごくらく」という本で孫とおじいちゃんのふれあいについて書かれたものでしたが、その本の感想に加えて「パーキンソン病が進行中で孫とのふれあいを楽しみにしている」おじいちゃん(私の父)に対する娘の思いを書き加えたものでした。「小1だったらこんなもんだろう」と思って提出させたのですが、「素朴さ」が良かったのだろうと思います。これで娘が少しでもポジティブになってくれたらいいのですが・・・・妻は「つい、嬉しくなって宝くじを10枚買った」と言っていました。どうやら「幸運」の匂いがしたようです。なるほど、そういう喜び方もあるか!!
[PR]
Commented by ska37o at 2007-12-04 21:14
 小学校の低学年の時に入選した息子の絵を,いまだにかざってありますよ,うちにも…。
by yksayyys | 2007-12-04 02:02 | 育児・家庭 | Comments(1)