「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

12,8不戦の集い

f0066076_2012277.jpg
 今日は12月8日。先の大戦の開戦の日です。私は歴教協の事務局員とあって午後の「不戦の集い」に参加しました。午前中の集会にも出たかったのですが、「2つはしんどいなあ」という惰性と「なかなか起きない妻」という現実から断念しました。「集い」の方は予想以上に人が集まり、会場の椅子が足りなくなったため、裏方の私はてんてこまいでした。やはり「沖縄戦」というテーマと安仁屋政昭さんというネームバリューが人を集めたのだと思います。受付をつとめた私は、「開始時間を過ぎてから次々にやってくる参加者」の対応に追われ、講演を聴くことができずにいましたが、会長のOさんが気を遣ってくれて受付を交代してくれたために、1時間ほど話を聞くことができました。安仁屋さん、さすが「沖縄戦」の専門家とあって、ミクロの視点、マクロの視点から大いに勉強することができました。会終了後、先日の公開授業の助言者をしてくださったKさんが私に言ってくれたように「先日の授業の意図とピタリ重なる講演内容」だったと思います。「本土決戦が行われれば鹿児島は沖縄以上に悲惨な状況となる。」「それはまさに今の有事法制につながる」という問題意識はまさに私と一緒でした。
 12,8、なぜかこの日に右翼は集会をしません。まあ、どうでもいいのですが・・・・
ただ、この集会で不満だったのは、若い人がほとんどいなかったことです。平均年齢は60歳後半くらいでした。会長のO先生は、私のことを安仁屋さんに「うちの若手」と紹介しました。でも、私もう43歳なんですよね。うーん、若手を育てねば!!喫緊の課題だといえます。
[PR]
Commented by ska37o at 2007-12-09 17:55
 鹿児島歴教協は,アマノジャクさんの次の世代は,U村さんぐらいかな…?(今,S尾さんがアプローチして引っ張り出そうとしてくれていると思います。)
 鹿児島で歴教協全国大会を開催した91年。そのころに教えをいただいた先輩たちも現場を退かれる頃になりました。わたしたちがこの運動をつぎにどうつたえるか?大きな課題ですね。
Commented by yksayyys at 2007-12-11 22:41
 私もU村さんは「次の世代」と思っていました。が、こないだ会った時に彼は私より1つ下だけだということがわかりました。これまで「U村くん」と呼んでいた自分が恥ずかしかったです。
by yksayyys | 2007-12-08 20:28 | 社会 | Comments(2)