ブログトップ

アマノジャクはこう考える

復活する「維新と偉人」の鹿児島の歴史

 今日はじめて「篤姫」を見ました。調所広郷の自殺とお由羅騒動のはじまりまでのストーリーでした。特に新しい何かがあるわけではなかったので「あ、そう」って感じでした。ただ、西郷隆盛や大久保利通らの登場場面を見て「ああ、また鹿児島は維新と偉人の歴史で埋め尽くされるのかな」と思いました。昨年は、西郷の没後130年ということでいつも以上に西郷関連本の出版が相次ぎ、記念行事が何度もありました。鹿児島県知事は教科書記述を批判し「征韓論ではない。西郷は平和的使節派遣を主張したのだ。」と述べていました。行政の長として異例の発言だったと思います。そして、今年はこの政財界をあげての「篤姫」ブームです。新聞も関連連載が多く、昨年はあの朝日新聞までが「殿様の末裔」みたいなシリーズを続け、あちこちの島津家を紹介していました。今も朝日は西郷や大久保、小松、調所らの子孫を紹介し続けています。個人的にはそういう企画は好きじゃないですね。週刊誌ならまだしも・・・・
 「鹿児島の歴史は明治維新まで」・・・これは昨年鹿大法文の教授が新聞紙上で皮肉って述べた発言です。私は、それには「鹿児島の歴史は偉人だけ」と付け加えたいと思います。偉人を顕彰することが歴史を学ぶことだと思っている人が周囲には大勢いるような気がします。私などがやるべきことは「維新と偉人」のチェックと「リベラルな歴史観」の構築だろうと思います。名前も知らない歴史上の多くの庶民たちの息づかいや苦悩にどれだけ迫ることができるか。それが今生きる私たちの暮らしと生き方にどのような示唆や教訓を与えてくれるのか。そういう「鹿児島の歴史」を考えていきたいと思っています。はい!
[PR]
Commented by WB放送局 at 2008-01-14 11:11 x
先週の「そのとき歴史が動いた」は天英院熙子でした。今週は天璋院篤姫です。どちらも45分番組。将軍の正室であった2人がかたや「大河ドラマ」に。単純に何で?と思う私です。また、例えば大河ドラマ初回に出た山川は有数の港町。開聞には櫨鑞。初回をみた私には、「百姓」という言葉で農人が荒れた畑を耕すシーンが何度も出てくる部分から既に違和感が。庶民たちが百姓で一括りにされてしまうところに偉人中心の流れを私も感じます。
Commented by ska37o at 2008-01-14 22:05
「征韓論VS遣韓論」で番組があるようですよ。「丸腰で乗り込む…」とCMで言ってましたので偉人西郷で埋め尽くされるのかな?
by yksayyys | 2008-01-13 21:56 | 社会 | Comments(2)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31