ブログトップ

アマノジャクはこう考える

ジェンダーの始まり?!

 男の育児休業、同じ職業の女性たちからは「頑張って」の声がほとんど、男性たちからはただ「ヘーッ」という反応が多いのが現状です。また、親しい友人たちからは、私がまじめに家事・育児をやるとは思わないらしく「育休????・・・で、何やるの?」と言われたりします。確かに本を読んだり、このようにブログを始めたりはしてますが、概ね家事・育児を中心に生活しているつもりです。ただ、自分の子供から意外な反応があって困っています。それは、私に対してではなく妻に対してなのですが、「おかあさん、ご飯作らないし」とか「おかあさん起きるの遅いし」と母親に厳しい言葉を投げつけるのです。どうやら「家事はおかあさんの仕事」と思いこんでいるようなのです。当然、それまでは家事は夫婦で分担していたものの比率としてはやはり妻が多かったのは事実です。それが育休で事情が変わったのですが、5歳の娘にすると「母親のくせに」という事になっているのです。どうやら、これは保育園での「刷り込み」のせいのようです。気をつけて「園だより」を読んでいると、「保護者のみなさん」という呼びかけの文章はほろんどなく、だいたいが「お母さんたちへ」と言った具合なのです。「保育は母親の仕事」と思っているかのよう・・
 また、使う洋服や上履きなど保育園で使うものはほとんど男女で「色分け」させられ、娘も「女だから」「男だから」という表現を使うことが増えてきています。世間で話題になっている「ジェンダー」ですが、やはり実感として「性による差別」は社会的に形成されていっているような気がします。妻は「これまでは私がほとんどの事をしてきたのに、あなたはおいしいとこ取りでいいわね」と言います。ムムムムム・・・・・世間を変えるのは難しいですが、自分の子にはきちんとした認識を身につけさせたいと思います。この子たちが大人になった時のためにも・・・
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2006-02-12 12:04 x
 育児休暇がとれて,ジェンダーを実感できるなんて,私からするとうらやましいかぎり。ぜひ,育児パパの視点で,この世の矛盾を見つけて,発信して下さい。
by yksayyys | 2006-02-11 22:46 | 育児・家庭 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31