「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

九ブロより

 集会でN支部の書記長と会いました。初任校の時からの知り合いで何となく気の合う人です。昔から髭を生やしており、20代の頃は「明治天皇」とか「大久保利通」とか言って冷やかしていました。そういう髭だということです。今はだいぶ貫禄がついたというか膨張してきたというか、うーん「太ってきました。」そのKさんに会ったら絶対に言おうと思っていたことがありました。それは、私のいるK支部に「Kさんにそっくりの人がいる」ということです。うちの妻も何かの会でその人を見て「え、いつKさんこっちに来たの?」と思ったそうです。私は、夕食会場で彼に早速その話をしました。「先生にそっくりの人がK支部にいるよ」と!するとKさんは「知ってる、知ってる」と言いながら携帯電話を取り出しカシャカシャと操作を始め、私に1枚の写真を見せました。私は笑いころげました。Kさんはその「そっくりさん」と並んでポーズを取って写真に写っていました。私たち夫婦がそう思う前に本人がそれに気づいていたということです。いやあ、久しぶりに笑えました。ちなみに、そのそっくりさん、一緒に写真に撮られるのを嫌がったそうです。わかるなあ、私も自分にそっくりの人になんて会いたくないもんなあ!!
[PR]
by yksayyys | 2008-02-12 21:44 | 社会 | Comments(0)