V2なんだけど!!

 娘が冬休みの課題として提出した読書感想文が市の特選に選ばれ、先日表彰式がありました。夏も特選でしたのでこれでV2になります。また、夏の作文は父親の担当、冬の作文は母親の担当でしたので「夫婦の役割分担」という意味でもバランスの取れた!?受賞となりました。ただ、この2つの賞!ちょっと疑問符つきなんです。書いた文章と表彰された文章がだいぶ違うんですよね。そう、担任の先生がかなり「手を入れて」あるんです。やや「創作」もあります。まあ、親切でやっているのでしょうし、本人の自信にもなるのであくまで有り難いのですが、「そこまでしなくても」という気持ちもあります。小学校の低学年ってそんなもんなんですかね。夏の作文なんて、私からすれば「小1だったらこんなもんだろう」と思ってあえていじらなかったのですが・・・「どう直すか」「どこまで直すか」作文指導もけっこう難しいんでしょうね。
[PR]
Commented by ska37o at 2008-02-21 23:01
「作文の会」のM先生たちの実践は,子どもたちが書けるようになるにはどうすればいいかということを作文指導と考えていたように思います。
by yksayyys | 2008-02-20 21:49 | 育児・家庭 | Comments(1)