歴史地理教育8月号は「特攻」特集

 先ほど歴史地理教育編集部からメールが来ました。歴史地理教育の8月号は、「特攻」に決まったそうです。1年の中でも社会科として重みのある「8月号」にはじめて「特攻」がとりあげられます。そして、鹿児島歴教協に6Pが与えられるそうです。理論的な部分では吉田裕(一橋大教授)山田朗(明治大教授)が執筆するようですが、「鹿児島にはぜひ」と特別枠が設けられました。事務局と相談しますが、これは「引き受けるべき」だと考えています。今、私が考えているのは次の3つです。

(1)「特攻の授業」の紹介(不肖私が執筆します。)
(2)鹿児島の特攻顕彰施設の問題点。(知覧と鹿屋、万世など)
(3)「知覧の特攻を考える会」の活動の紹介(反英霊の取り組みとして)

どうでしょうか?これをうまく整理できればいい問題提起になるような気がします。
来年度もやるべきことがたくさんあるようです!
[PR]
Commented at 2008-03-01 23:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yksayyys at 2008-03-02 14:07
 ありがとうございます。「聞き取り」は来週の日曜日にも再度歴教協として実施し、歴教協50年記念誌に掲載の予定です。広島・長崎の方々が原爆にこだわるように、鹿児島は特攻にこだわるべきではないかとも考えています。いろいろご教示のほどよろしくお願いします。
by yksayyys | 2008-03-01 16:51 | 社会 | Comments(2)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧