歴教協が浜園さんに会いに行く

f0066076_21294878.jpg
 今日、歴教協の仲間たち5人と特攻隊生き残りの浜園さんに会いに行きました。前回同様背広で迎えてくれました。過去2回の聞き取りを参考に私の方で次のようなレジュメを用意し、話をしてもらいました。

1 海軍航空兵を志願した経過について
2 特攻隊以前に出撃した戦闘について
(フィリピンなど)
3 特攻隊に入隊した経過について(できるだけ詳しく)
 ・ 志願の様子や上官の説明
 ・ 拒否した隊員たちの様子
 ・ 特攻作戦をどう思ったか
4 特攻隊員の生活について
 ・ どのようなことを語り合っていたか
 ・ 検閲の実態について
 ・ 陸軍と海軍の違いについて
5 出撃の時の様子(できるだけ詳しく)
 ・ 出撃前の様子
 ・ 戦闘の状況
 ・ 帰還後の経過
6 敗戦までの思い
 ・ 戦争の状況について
 ・ 上官、軍上層部、政治家、天皇について考えたこと
 ・ 特攻隊の状況
7 敗戦を迎えた日の様子
 ・ どんなことを考えたか
 ・ 特攻隊員たちや軍の内部の反応
 ・ 帰郷前のようす
8 その他
 ・ 現在の状況について考えること
 ・ 「愛国心」を唱える教育をどう思うか
 ・ 今の子ども達に何を伝えてほしいか


 浜園さんはこのレジュメに沿ってこれまで以上に明快に話をしてくれましたが、今回はこれまで以上に踏み込んだ話をされました。それは、次の3点でした。
「無謀な戦争を引きおこした責任についてどう思われますか?」
 私は、天皇にもう少しきちんとしてほしかったと思います。
これまで、軍の上層部には厳しくやや天皇については同情的な発言だったのが今回は一転して天皇に対して厳しい見方を示した。
「犬死にや無駄死にという意見についてどう考えるか?」
 私は無駄死にだと思う。
私には聞けない質問だったが会長はズバリ聞いた。妻によると明らかに浜園さんの表情が変わったという。ただ、元特攻隊員が「無駄死に」という言葉を口にするのはきわめて異例ではないかと考える。
「靖国神社に祀られるということについてどう考えるか?」
 私は、一種の誤魔化しだと思う。
これも、今まで私が聞けなかったことであるが、事務局長がストレートに聞いた。帝国軍人、自衛隊員であった人の発言だけに重みを感じる。

 帰りの車中、浜園さんと最もつきあいの長い妻がこう言った。「浜園さんは、もう残された時間が少ないと考え本当の事を言おうと考えているんだと思う。」
 私もそう考えた。今日のインタビュー、県歴教協50年誌に掲載予定である。もちろん、その仕事は私がやる。意義ある仕事と考えている。
[PR]
Commented by ぷくぷく at 2008-03-09 23:55 x
私も参加したかったです。残念です。こんな機会はないんですけどね・・。意義深い聞き取りになりましたね。
Commented by ska37o at 2008-03-10 15:11
まとめられたものを是非みたいです。
by yksayyys | 2008-03-09 21:46 | 社会 | Comments(2)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧