県の人事から

 ぼんやり新聞の「県の人事異動」の欄を見ていたら、知り合いを二人見つけました。一人は、中学・高校の後輩です。私が生徒会長をしていた時に副会長をしていました。翌年には、会長になって、私の進学した高校について(?)きました。高校ではほとんど話したことはありませんでしたが、「硬い」イメージがあり、高校の寮の風紀委員として後輩に恐れられているという噂は聞いていました。県では順調に出世しているようです。おそらくこの先、会うこともないでしょう。もう一人は写真付きでしたので幹部なのでしょう。甑島で会いました。私が村教委に頼まれてやっていた公民館講座「甑島の歴史」に毎回参加してくれた人で当時は土木事務所長さんでした。私の「甑島の文化は薩摩の文化ではなく、北方からの北風の文化である」という論にいたく共感してくれ、土木事務所の職員研修にも講師で呼ばれました。とても温厚な学究肌の方でした。「おつきあい」というほどのものはありませんでしたが、狭い島内でしたので会うと満面の笑みで話しかけてくれました。
 そういえば、Um先生と学生運動をやっていたという人物らしき人もいました。左右どちらの組織でも偉くなれる人なのでしょう。あと数日で教職員の人事異動も発表になります。サプライズがあるのでしょうか。
[PR]
by yksayyys | 2008-03-20 09:46 | 社会 | Comments(0)