ブログトップ

アマノジャクはこう考える

文化大革命にうなされた!

 昨夜、12時すぎにBSでフランスの放送局が製作した毛沢東の番組を見ました。連続もので今回は「文化大革命」がテーマでした。しかし、いつ見てもあの文革というのは異常ですね。毛沢東のしかけた権力闘争に過ぎないのに、それが大衆を動員したことにより「集団ヒステリー現象」を生み出し、計り知れない犠牲をだしたわけですから。「反動」「日和見」「修正資本主義」さまざまなレッテルを貼られて糾弾、拷問を行う紅衛兵たちの姿を見て思うことは「これはほんの40年前のできごと」なんだということです。そして、今日の新聞にもあったようにネパールをはじめあちこちにはまだ「毛沢東主義者」と言われている人達がいます。思想的にすべて間違いではないのでしょうが、様々な書物でみる毛沢東はまさしく「権力の亡者」にしか思えません。あまりおおっぴらには言われませんが、日本の学生運動の活動家たちの行動様式は紅衛兵によく似ているような気がします。70年代に公害運動などでしばしば団体交渉の場面がでてきましたが、あれも文革の影響ではないかと思います。中国で、三角帽子を被せられ、トラックの荷台に乗せられて市中を引き回された人達はどんなにか屈辱的だったでしょう。私は、テレビを見た後寝ましたが、一晩中悪夢にうなされました。夢の中で何度も三角帽子を被せられて、罵声を浴び、暴力にさらされる自分の姿を見ました。それはきっとこの国の戦時中も一緒だったろうと思います。非国民と呼ばれた人たちがいたわけですから・・・・・紅衛兵がおかしさに気づいたのは「下放政策」により地方の窮状に接してからだと言います。集団ヒステリーに陥らないためには、「ひとりでじっくりと考える!」抽象的ですが、それしかないような気がします。さあ、今日はゆっくり眠れるかな!
[PR]
by yksayyys | 2008-04-10 21:22 | 育児・家庭 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31