NEWS23に見た「歌わせたい男たち」

 ニュース23で「もの言えぬ人々」という特集をやっていた。憲法記念日にちなんだ特集である。立川ビラ事件、日教組全体集会中止事件などとともに東京都の「国歌斉唱」問題が出てきた。テレビ局の取材に対し、ほとんどの教師は「処分が怖い」と取材拒否をしたそうだ。その後、「歌わせたい男たち」が登場した。東京都教育委員会の幹部だった。各学校から送られてくる卒業式や入学式の会場配置図を見せながら「我が国を愛する、国旗・国歌を尊重するのは当たり前のことで議論するということ自体がおかしい」と自信満々に答えていた。そして、取材をしている場所を教育委員会の職員が取り巻き、ひとりはずっとビデオカメラをまわしていた。「管理・監視社会の縮図」を見る思いがした。今年度の「国歌斉唱」の不起立による処分者は20名だという。先日、鹿児島大学に東京都の教育委員会がやってきて都の教員採用試験の説明をしたというニュースが流れた。都の教員志望者が少なくわざわざ鹿児島くんだりまで宣伝に来たのである。志望者が少ない理由のひとつに「東京都の管理の厳しさ」があるということを報じているメディアはひとつもなかった。・・・・・「歌わせたい人々」と「物言わぬ人々」・・・・・どちらも恐ろしい状況である。私は以前もらったある年賀状を思い出した。申年の年賀状で「見ざる、言わざる、聞かざる」を皮肉って「よく見て、よく聞いて、よく意見を言おう」と書いてあった。そういう社会をつくっていきたい。
[PR]
by yksayyys | 2008-05-02 00:32 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧