教研推進委員会

 今日は、一日担任業務を終えてクタクタになりながら組合のある教育会館に向かいました。教研推進委員会に参加するためです。ところが会場に到着しても「誰もいない」!おや、「日程を間違えたかな」と思い支部を訪ねると「これから」ということでした。そう、私が時間を間違えていました。開始が6時半のところを私が6時と勘違いしていたのです。まあ、これはよくある話!ただ、会そのものは「充実」とは言い難いものでした。理由は主催者の責任ではなく、参加者いや組合員すべての「意識」の問題でした。とにかく出席率が悪いということにいらだちました。この支部に来て以来最悪の出席率でした。確かに案内が届くのは遅かったと思います。私がこの会の案内を目にしたのは昨日!「えっ、明日」とは思いましたが、別に予定さえなければ参加は可能のはず!しかし・・・・・・・
 でも私は愚痴は言いますが、あきらめはしません。組合の教研活動は私の原点です。ここで手を抜くことは、これまでお世話になった先輩方や自分自身の「歩み」を裏切ることになります。幸い文化部長のMさんが「厳しい状況における固い決意」を語ってくれました。「そうだ、そうだ」と何度もうなずきました。彼のまわりには多くの著名な実践家がいます。それが彼のパワーであり彼の自信の源だろうと思います。・・・・・・それは私も全く同じだろうと思います。「評価してほしい人に評価されればいい」「私は私の思う道を歩く」そう思います。そのために今年も教研に参加します!!!!
[PR]
Commented by ska37o at 2008-05-14 11:39
正直に言います。「部活の試合でこれません。」という報告には「やめろ!」と怒鳴りたくなります。
Commented by アマノジャク at 2008-05-14 17:44 x
だろうなって思います。優先順位が違うと私は思うのですが!結構組合の教師がはまりこんでいます。
by yksayyys | 2008-05-13 22:17 | 社会 | Comments(2)