「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

私が発掘した碑です!

f0066076_21413671.jpg県歴教協50年記念誌の掲載しようとしているこの碑、実は私が発掘した碑なんです。甑島にいる時に選択社会科はいつもフィールドワークをしていたのですが、島の西岸を散策中に石に埋もれていたのがこの碑なんです。郷土誌で調べてみると、どうやらこのあたりは旧帝国海軍の貯炭場のようでした。東シナ海を航行する軍艦に石炭を補給する地点だったようです。この地は、日本のほぼ西端に位置します。古くは、2度の蒙古襲来の後、3度目を狙った偵察船がこの海域に現れたことが歴史書にありますし、日露戦争時にはバルチック艦隊が通ったのも見えたようです。そう、ここは軍事拠点とも言えるのです。大戦中は震洋の基地がおかれ、司令部の置かれた小学校は空襲を受け、全焼しました。そして、戦後は自衛隊のレーダー基地が下甑に置かれています。いつでも離島というのは本土にとって「捨て石の前線基地」なのです。そのために100年以上前につくられた貯炭場跡!私が持ち上げてこのように建てたのですが、今はまた石の中に紛れてわからなくなっているのかも知れません。
[PR]
Commented by ska37o at 2008-06-03 11:12
戦争遺跡の分布図みたいなのができるかもしれませんね。
by yksayyys | 2008-06-02 21:51 | 社会 | Comments(1)