つながり

 夕食を準備する前にメールチェックのために2階に上がってきたところです。メールにはUm先生の「研究室より6号」がありました。韓国で、政府批判のキャンドルデモに遭遇したようです。Um先生の「ようやくやりたいことが心置きなくやれる」そういう弾む心が文章に表れているような気がしました。鹿児島以上に日韓、日中に強力なネットワークを築いている姿に「やっぱり鹿児島を離れて良かったのかな」と思いました。もちろん「便り」はプリントアウトしました。あと歴史地理教育のメーリングリストから二谷貞夫さんの文章もプリントアウトしました。「世界史教育」に関してでしたが、二谷さんの文章にはいつも「警世」の名言があって目が離せません。最後は、出版社の友人から前日に引き続き「お薦めの文章」の紹介がありました。もちろんこれもプリントアウトです。友人のメールには、同級生H新聞記者の送別会の予定が書かれてありました。新聞協会賞を受賞した彼は地元に呼び戻されるのですが、「記事が書けない」部署に留め置かれるのだそうです。「飼い殺し」というか「日干し」というか・・・・彼の「筆のふるいどころ」があることを祈ります。せめて送別会は楽しくやって下さい。
 ・・・・ということで、「いい人たちとの出会い」にあらためて感謝した今日でした!!
[PR]
by yksayyys | 2008-06-11 17:40 | 社会 | Comments(0)