突然の「示現流」

f0066076_1954231.jpg
f0066076_19544552.jpg

 フィールドワークで島津家墓地である福昌寺跡を訪れた時に、思わぬものに出くわしました。それは薩摩武士の剣法である「示現流」でした。たったひとりで「示現流」の練習をしていたのです。場外まで奇声は響いていました。私は何度も観ていましたが、参加者は一同驚いていました。幸い、その剣士は我々に「示現流」というものを詳しく説明してくれました。左側がその剣士の方です。その後「体験学習」とばかりに次々に木刀を握り「ヤーヤー」と剣を振るっていました。右側の写真はうちの会長です。「やってみたい」と自ら木刀を振り下ろしました。たまたまとはいえ貴重な体験でした。ただ、私にはかなり「狂信的な」剣術に見えました。小さな声で言います。
[PR]
by yksayyys | 2008-07-23 20:02 | 社会 | Comments(0)