戦跡ガイド編集委員会

 今日、午後から歴教協の事務局会兼例会兼戦跡ガイド編集委員会が開かれました。が、集まったのは3人。しかも予定された3時間のうち事務局会に2時間半が費やされました。まずは、先日の県大会の反省。運営上の細かい反省点はありましたが、延べ参加者は46人ということで「大いに盛り上がった」という総括に落ち着きました。特に全国委員長の石山先生から「レポートの質量の充実」を褒められたことが自信となりました。あと、「九州ブロックをどう盛り上げるか」に多くの時間が割かれました「。何とか県大会が開けている鹿児島が旗振りとなって九州を盛り上げていこう」そういう議論となりました。結論としては、来年予定される歴教協九州ブロック鹿児島集会を「九民研」と抱き合わせではなく独自で開催しようという「前向きな方針」を確認しました。そして、来年の組織体制の検討のあと、「戦跡ガイド」出版の細かい打ち合わせを行いました。決して順調とはいえないこの計画。とにかく、「50年企画の目玉に」と頑張っているO会長、M事務局長を助けるべく頑張りたいと思います。「会に参加するたびに仕事が増える状況」に変わりはありませんが、できるだけのことはしようと思っています。あ、そうそう「子ども研究センター」発行の「鹿児島の子ども」が出来上がったようです。私の「特攻の劇」のシナリオの原稿が掲載されています。良かったら購入して読んで下さい。では!!
[PR]
by yksayyys | 2008-07-26 19:24 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧