ブログトップ

アマノジャクはこう考える

思い出

あと歴教協の思い出をいくつか
「売れた!5冊」
 報告の時に「この本を実践化しようとしたものです」と紹介した中社研の郷土資料集が5冊売れました。代表世話人のKさんの注文でした。とても興味がある風で、もうひとりの世話人のKさんも報告そっちのけで読んでいました。けっこういい本なんでしょうね。うん!!
「山田麗子さん」
 分科会で一番印象に残ったのが埼玉の山田麗子さんでした。もう退職なさったということですが、とても若く感じられました。「従軍慰安婦」の授業などがとても心のこもった実践であることに心を打たれました。「人間にせまる」そういう実践でした。荒れた学校でそれを続けてきたという事実にも注目したいと思います。ちなみに世話人もされていました。
「石山委員長」
 帰り間際に石山委員長を見かけたので、県大会の御礼を言いました。とても丁寧に応対してくれました。後から聞いたところ、委員長は山田朗さんに副委員長は君島和彦さんに交代されるとのこと。退任間際の仕事だったんですね。それにしては鹿児島は暑かったことでしょう!!

 これで東京の話は終わります。明日からヒノクマフィールドワークです!次のネタはこれになるでしょう。13日までには日社学の報告要旨も送らないと!まだ何も書いてません。ああ!
[PR]
by yksayyys | 2008-08-06 19:41 | 社会 | Comments(0)