ブログトップ

アマノジャクはこう考える

映画「ポニョ」を観る

f0066076_21475362.jpg
 先日、家族みんなで映画「崖の上のポニョ」を観てきました。「5歳の子どもがわかる」というふれこみの映画でした。「もののけ姫」以降の文芸色から少し離れて、「トトロ」に近いものを目指していたのかなと思ったりもしました。残念ながら私、今ひとつストーリーがかみあわないところがあり妻に聞いたところやはり「わからない」ということでした。二人の結論としては「5歳の心が持てなかった。お互いにだいぶ汚れている。」というところに落ち着きました。娘や息子は大喜び!特に息子は最近、エンドレスで歌い続けていますので、エンディングのテーマ曲の時はスタンディングオーベーションで口ずさんでいました。でも、宮崎監督って偉いですね。だいぶ偏屈みたいですが、そういうところも好きです。息子の映画を酷評した時も「親ばかが多い中」感心しました。最後、出演・スタッフがすべて「50音順」で出てきたのもなかなかいいと思いました。ストーリーの方、誰か今度教えて下さい!特にポニョの両親の設定のところなどを・・・・正直言うと、私たち夫婦途中で寝てたんですよね。そのせいかな!!今日、子ども2人と風呂に入る時に子ども達に言いました。「YとS(子どもの名前)は幸せだ。いろんなところに連れていってもらって!」・・そう、恩着せがましいようでもやはり言っておかないと!!
[PR]
by yksayyys | 2008-08-13 21:48 | 育児・家庭 | Comments(0)