ブログトップ

アマノジャクはこう考える

民教連集会に向けて

 17日、18日は鹿児島県民教連集会が行われます。私は2日目に歴史教育者協議会の分科会を引き受けています。今思えば「やるんじゃなかった」と思っています。ここ数年は模擬授業が行われており、一昨年は小学校の名だたる実践家のSさん、昨年は会長のOさんが授業をされました。ただ、私は授業など出来ません。「問題提起なら」と思って引き受けましたが、それで2時間半引っ張るのはなかなか大変です。ちなみにタイトルは「鹿児島における歴史認識と授業づくりの課題~授業・文化祭・フィールドワーク~」です。いったい何をやればいいのか。いろいろ考えた末に最近出された「鹿児島の子ども」(子ども研究センター)のO先生の文章を読んで結論が出ました。「自分の23年の教師生活をすべて書こう。そして、参加者に批評してもらおう。」ということです。学校でいうとK中、F中、K中、H中と本当にいろいろな事がありました。その間に出会った人々、サークルなどもいろいろありました。そういう「出会い」や「事件」を通して何を考え何をしてきたか、それをすべて語ろう。それで1時間は喋ることができるであろう。あとは「まな板の鯉」になればいい!!民教連に集う人達がそうお世辞ばかり言うはずもないのでそれなりに議論になるのではないでしょうか。うまくいかなければ、「失敗」ということで来年の課題にすればいいことです。さあ、今からレポートを作ります!どうなることやら!!
[PR]
by yksayyys | 2008-08-14 22:53 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31