「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

学会報告要旨送る

 今日締め切りだった日本社会科教育学会の発表論文(報告要旨)をメールで送りました。13日に一度書き上げたものの、「こりゃあ支離滅裂だ」と思いUm先生に原稿を見てもらったところ、予想通りの指摘を受けもう一度書き直して今日最終のものを送りました。やはり、書き直すといいものになりますね。自分のいいところは(文章表現に限ってですが)「他人の指摘には素直に応じる」ところだと思っています。つまり「あっさり書き直す」ということです。ただ、その方がいいものに「作り替えられる」ことが多いからです。この原稿を送った事務局のKさんは私にとっては懐かしい名前でした。以前、鹿児島の短大に勤めておられた時に自主的な「学習会」に何度か参加させてもらった覚えがあります。「民族問題を授業する」という問題提起をしたこともあります。そういえば、近くの居酒屋で送別会をやったような気がします。
 さて、次の原稿はいよいよ日本教育学会です。これからですが、夏休みの残りはそこに集中したいと思います。そして、やるからにはいい報告にしたいと思います。はい!
[PR]
by yksayyys | 2008-08-19 00:24 | 社会 | Comments(0)